素粒子論

ここでは素粒子標準模型をご紹介します。自発的対称性の破れ(Spontaneous Symmetry Breaking: SSB)を起こす前のラグランジアンから出発し、SSB後の場でラグランジアンを書き直しました。式変形の際、混乱が起きないようにクドい位に丁寧に書いています。
(私は記事をTeXで書いてサイトの方にコピペしていますが、コピペの際にコマンドや+/ーが消えたりします。その為、現段階で所々ミスがありますが、気付き次第修正していきますのでご容赦ください。2019/8/23現在)

現象論

-素粒子標準模型-

ヒッグス場とゲージ場

レプトンセクター

クォークセクター

標準模型のまとめ

BSM