場の量子論

大学院のゼミでSrednickiのQuantum Field Theoryを1から読むことになったのでせっかくなのでゼミノート(日本語)をすべて挙げることにしました。同じようにSrednickiを読んでいて困っている方がいたら参考にしてください!!

おそらく、原書を読まなくても読めるとは思いますが省略している部分があるのと論理をSrednickiと極力そろえているので気持ち悪い部分があったらすみません。質問は大歓迎なのでなんでも聞いてください!(誤植も教えていただけるとありがたいです。)

1. 相対論的量子力学の試み

  ・Problem1.1

2.ローレンツ不変量

3.スカラー場の量子化

4.スピン統計定理

5.LSZの簡約公式

6.量子力学の経路積分

7.調和振動子の経路積分

8.自由場での経路積分

9.相互作用場での経路積分

10.散乱振幅とFEYNMANルール

11.断面積と崩壊確率

12.\(\hbar=c=1\)での次元解析

13.EXACT PROPAGATORのLehmann-Kallen形式